メインイメージ

車購入代金を経費

会社設立して車購入代金を経費で落としましょう

会社設立することで、さまざまな節税をすることができます。会社設立と聞けば、多額な資金を準備しなければならないと思う人も多いでしょうが、合同会社設立でしたら、6万円あれば大丈夫なのです。会社を運営していくにあたり、発生するいろいろな支出を経費と見なすことができ、節税に繋がります。

会社設立すると、公用車が必要になるでしょう。この車を購入する費用は、もちろん経費として認められます。また、車を維持するためにかかるガソリン代や保険料なども全額経費で落とせます。車は、会社の仕事専用として使うものでなく、個人用の車であっても、法人名義にしておけば、同様に全て経費で落とすことができるのです。

では、会社設立して車購入する場合、新車と中古車のどちらを選んだ方が、よりお得な買い物になると思いますか?それは、中古車です。車も資産になりますから、年々減価償却されていくため、一括で経費に計上するこてはできません。新車の普通自動車の耐用年数は6年になりますので、購入金額を6年で割った経費が、毎年の会計年度に経費計上することになります。

中古車は、既に使用期間が経過しているため、耐用年数も短くなっていますので、購入金額を割る数字が少なくなる分、1年で計上できる金額が増え、短い年数で消却することができます。例えば、高級車のベンツ・4年落ちの中古を200万円で購入した場合、2年で消却できることになりますので、1年100万円が経費で計上でき、翌年も同様に計上して終わりになります。これでお分かりになるように、車購入するなら憧れの高級車を中古で手に入れた方が、お得ということです。

会社設立して車購入することは、節税になってお得ですが、資金が少ないのに無理して車を買うのは控えましょう。まずは、会社の運営が第一で、そのための節税といって無理して車を購入することは論外です。

車購入するテクニックに、経営者の役員報酬を車のローン代金分引き下げ、ローンに充てるという方法があります。先ほどの例とした、4年落ち・中古車ベンツ・200万円を、役員報酬50万円を得ている経営者が、10万円下げて40万円報酬にした場合、月10万円を20か月払えば車のローンが完済でき、報酬を下げた分社会保険の削減になります。会社の支出は同じで、車は会社の資産になったうえに、社会保険は削減になるという、まさにスーパーテクニックですね。

もちろん、その後に役員報酬を戻してあげることも忘れないであげてくださいね。